オーストラリア大使館東京

This site looks simple because you don't have a Web Standards compliant Web Browser. You can't see the site design, but all of our content is still available. Please enjoy your stay and consider upgrading your browser to view our full site design.

住所: 108-8361 東京都 港区三田 2-1-14 - 電話番号: 03-5232-4111

オーストラリアについて

オーストラリアの国旗

オーストラリアについて / Australia in Brief
Australian National Flag
横:縦 = 2:1

国旗の意味

右の5つの星で南十字星を、左の大きな七稜星でオーストラリアの6つの州と特別地域を表わしています。

  • Union Jack (ユニオン・ジャック) 位置:左上1/4
    イギリスとの歴史的な結び付きは、左上のユニオン・ジャック(イギリスの国旗のこと)に見ることができます。
  • Southern Cross (南十字星) 位置:右半分
    南十字星(サザン・クロス)を型どったもので、4個の七綾星(しちりょうせい)(七つのポイントがある星という意味)と1個の五綾星です。
    南十字星はオーストラリアが南半球にあることを示しています。
  • Commonwealth star 位置:ユニオン・ジャックの下
    『連邦』を表わす。大きな七綾星(七稜星は6つの州と特別地域(北部準州・オーストラリア首都特別地域などを含む) を表わします。)
    最初は六稜星でしたが、1908年から特別地域を含む七稜星になりました。

国旗の色指定

ユニオンジャックの赤-パントーンの185 (Red-Pantone 185)
下地の濃紺-パントーンの280 (Blue-Pantone 280)

国の色

オーストラリアの国の色を緑と金色にすることを、1984年4月19日に総督が宣言した。それまではオーストラリアでは国の色が制定されていなかった。

ご存知ですか?

南半球の夜空に輝く星座である南十字星は、日本では沖縄などの南の島で地平線ギリギリに見えるものの、普段は見ることができません。

一方、オーストラリアではとても身近な存在です。しかし、南十字星は全天の星座88個の中で最も小さい星座なので、見つけるのは容易ではありません。

国旗の由来

1901年1月1日、新しい世紀の幕開けとともに、オーストラリアが民主的な連合国家として誕生するまでの100年間、オーストラリアの公式の旗はユニオン・ジャックでした。

6つの植民地が連邦を結成して建国を果たしたのを機に、急遽新しい旗を要求し、世界的な規模で国旗のコンペを行なったのです。32,823通の応募の中から14歳の少年を含む五人が描いた同じようなデザインが選ばれました。 その一つに若干手を加えて翌々年の1903年2月にオーストラリア国旗が生まれました。しかし長らくこの旗をオーストラリア国旗と認める法律がなく、正式に承認されたのは、1953年でした。The Flags Act 1953(国旗法)が1953年11月に国会で可決され、"Australian National Flag"と正式に呼ばれるようになりました。

国旗ダウンロード

PDFファイルをプリントアウトして、おはしやつまようじを利用して自分だけのオーストラリアの旗を作ることができます。

関連リンク